「人工光・閉鎖型苗生産装置」植物の生育に必要な環境を自動制御し季節や天候に左右されることなく、いつでも・誰にでも簡単に、丈夫で均質な苗作りができます。必要な温度管理や電照、灌水、炭酸ガス施用をすべて自動で行い、所定の日数で定植や鉢上げに適した苗が完成。育苗経験の少ない方からベテランの方まで、 誰でも簡単に健苗を作 ることができます。

苗テラス
導入のご参考に 事例ボタン

人工光・閉鎖型苗生産装置

●植物の生育に必要な環境を自動制御し季節や天候に左右されることなく、いつでも・誰にでも簡単に、丈夫で均質な苗作りができます。

苗テラス 
苗テラス 

システムの特徴

天候や季節に左右されない苗生産
●栽培期間の変動がなく一定品質の苗を、年間を通じて計画的に生産することができます。

高品質な苗で本圃での高い生産性!

●「苗テラス」の苗は健苗育ち。胚軸が太く、葉肉は厚く、葉色の濃い、がっしり仕上がりです。定植後の生育も良好で、高い生産性をあげています。

苗テラス 

温度・光・水管理を自動化して簡単作業!
●必要な温度管理や電照、灌水、炭酸ガス施用をすべて自動で行い、所定の日数で定植や鉢上げに適した苗が完成。育苗経験の少ない方からベテランの方まで、誰でも簡単に健苗を作ることができます。

分かりやすい動作状況
●操作パネルを大型カラー化し 、気温、湿度、CO濃度をグラフ表示できます。
苗テラス
大型育苗施設への対応
●業務用パッケージエアコンを標準装備。ダクト配管により大型化が可能です。棚数も最大12棚、セルトレー240枚まで対応できます。

ユニツト化による工期短縮
●制御盤、本体、エアコン、配管とユニットエ法を採用することにより工期が大幅に短縮されました。

LEDタイプと蛍光灯の比較

LEDタイプは従来蛍光灯と比較して電気代を4割節減、約2年で、初期コストの差額を回収。

※東京電力2017年7月現在の低圧電力契約の消費税を除く電気料金(基本料金十従量料金)で試算。1日12時間点灯して年間連続稼働した場合の、苗テラス5段6棚型にかかる電気料金に、ランプ交換費用を加味し、5段式育苗棚の照明器具から17cm、栽培面反射率5%以下、ランプ保守率を蛍光灯070、LED085として比較した

苗テラス 

苗テラス仕様

照明 LED 白色LEDライトバー×3
制御盤 取付方法 自立型
電源 三相200V*1
制御 専用モード ナッパーランド・トマトリーナ・一般育苗
温度設定 1日6時間帯まで設定可能
潅水間隔 1日2回~3日1回、連続間欠潅水
潅水単位 棚ごとに個別設定可能
グラフ表示 気温・湿度・CO2濃度
棚数 3棚~12棚(最大)
エアコン 種類 業務用パッケージエアコン1台(7棚以上は2台)
電源 三相200V
配管長 30m(最大50m)
制御範囲 20~29℃(設定可の範囲19~30℃)*2
冬期運転 外気-5℃まで(エアガイド付で-15℃まで)
公称寿命 20,000時間
配管 種類 塩ビ配管(一部フレキシブルホース)
ポンプ 種類 水中ポンプ(タンク内に設置)

*1 液肥混入装置には別途単相100vが必要です。
*2 オプションでエアコン機種変更により、17℃~28℃(設定可能範囲14~30℃)の制御が可能になります。

苗テラス 
苗テラス 

栽培システムのお問い合わせ

資料請求・ご相談はお気軽に下記までご連絡下さい。

問い合わせ

植物工場事業部

TEL 03-3279-3704

個人情報保護について