「生分解性マルチフィルム」は、バイオポリマー技術と配合・加工技術の融合により性能とコストバランスに優れた生分解性マルチフィルムです。土中の微生物により 水(H0)と二酸化 炭素(C0)に分解されます。

マルチ

●性能とコストバランスに優れた生分解性マルチフィルムです。

マルチ 
マルチ 

【手間いらず】 はぎ取り作業が不要で省力化になります。 (ロータリーで鋤き込むだけ)
【生産性向上】 収穫から次の定植までの期間を短縮し生産性の向上が図れます。
【廃棄物削減】 廃プラの処理費用が不要となります。
【安定品質】 マルチフィルムとして安定した強度をもち、マルチャーによる機械展張が可能です。
【環境にやさしい】 土中の微生物により、水(H0)と二酸化 炭素(C0)に分解されます。

分解事例

マルチ

マルチ
マルチ

注意 注 意

土壊条件、天候、地温、地域などにより分解の進み方が異なります。また土壊消毒剤により分解が早まることがありますのでご注意ください。


 使用上の注意
注意 展張にあたって
①風の無い、暖かい日の展張をおすすめします。低温時はフィルムが硬化し破れ易くなります。
②フィルムは強く引っ張らないようにテンションを調整してください。ポリマルチよりも若干緩めに展張してください。
③ポリマルチに比べて重いので、運搬時の落下によるケガや腰痛など、取扱いに注意してください。
④保管は高温多湿を避け、雨や直射日光の当たらない場所にしてください。製品の特性上長期保管が出来ません。ご購入後すみやかにご使用ください。
⑤本品は農業用マルチフィルムです。他用途には、使用しないでください。

〈使用中、鋤き込みにあたって〉
⑥環境条件によって、フィルム地上部と地面との境目(地際部)が急速に分解が進む場合があります。そのような現象が起きた場合には土寄せによリフィルムが飛ばされないような対応をしてください。(写真1)
⑦ポリマルチに比べてやや土壌が乾きやすくなります。土壌の水分管理にご注意ください。
⑧使用後は飛散防止と分解促進のため、フィルムが地中に埋まるように鋤き込みを行ってください。フィルム片が地表面に残っている場合は、フィルム片が周辺に飛散する恐れがあるので、鋤き込みを繰り返し行ってください。(写真2)
⑨環境条件によってはフィルムの分解が通常よりも遅れ、鋤き込み時に機械に絡み付く場合があります。フィルムの分解程度を確認のうえ鋤き込み作業を実施してくだい。

マルチ マルチ

取扱商品のお問い合わせ

資料請求・ご相談はお気軽に下記までご連絡下さい。

問い合わせ

農業資材事業部

TEL 03-3279-6200

個人情報保護について