三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
 
会社概要
ニュース&トピックス
製品紹介
開発商品
エース会
お問い合わせ
リンク集
おことわり
農POフィルムを上手にお使いいただくために
農業用ビニルフィルム
ご使用の手引き

>HOME >製品紹介 >資材 >パオパオ、エバーフロー、キリコ





苗床や圃場を作物ごと柔らかく包み込み、大切な作物にとっての良好な生育環境を保ちます。
ハウスはもちろん露地など、作物の増収、品質向上、出荷時期調整を可能にする農業用ベタがけ資材です。
    パオパオ®90(目付20g/m2)
  • 光線透過率が約90%と高いベタがけ資材です。
  • 通気性のよい不織布のため、良好な生育環境を保ちます。
  • 冬季の乾燥や凍霜害から作物を守ります。
  • 作物の出荷時期の調整が可能です。
  • アブラムシ・コナガなどの害虫の抑制や、鳥の害から作物を守ります。
  • 降雨による土跳ねを抑え作物を清浄に保つことが期待できます。
  • 病虫害を抑制するので、農薬使用量の低減が期待できます。
    パオパオ®M-6(目付30g/m2)
  • パオパオ90よりも目付けが多く厚いため、保温にすぐれます。
  • 光線透過率が約70%で、各種育苗に適したベタがけ資材です。

パオパオシリーズに
ついてのお願い
パセリ、リーフレタス等にベタがけで使用した場合、繊維がほつれ作物に付着する場合があります。「浮かせがけ」をおすすめします。


* 硫黄系や塩素系の農薬、除草剤、土壌消毒剤などがパオパオに付着すると、資材の劣化を早めることがあります。
* パオパオは農業用ベタがけ資材です。それ以外の目的には使用しないでください。
* 長期使用で古くなると、繊維が切れて作物体に混入する場合があります。適切な時期に新品への切り替えをおすすめします。
* 天候の変化等による作物の高温障害にご注意ください。
* 使用効果は、天候及び使用時期、被覆期間等に左右されます。
* パオパオを押さえる際には、端を二つ折りにすると、破れにくくなります。
* ご使用後の保管は、汚れを落とし良く乾かした後、直射日光を避けてください。




噴霧から点滴、根元散水まで、タイプはさまざま。
散水孔間隔が狭く、柔らかくムラのない散水が可能です。
  • 特殊フィルター内臓で、目詰まりしにくい構造。
  • レーザー加工による正円の散水孔が均一でやさしい散水を実現。(M型を除く)
  • 特殊フィルターが長さ方向(手前と奥)の散水ムラを解消。作物の均一な生育が期待できます。

製品詳細はこちら
周辺部品はこちら




夏の日照り、ハウス内の乾燥対策に必要な散水チューブ。作物の種類、生育時期、ハウス、露地など、用途、目的、栽培面積に応じた散水が可能です。
  • マルチ下、根本散水から大規模噴霧まで、用途に応じて選べます。
  • 柔らかな散水で、土や肥料を流したり固めたりしにくいチューブです。
  • 専用の巻取機で簡単に収納でき、しかもコンパクトです。

製品詳細はこちら
周辺部品はこちら


Copyright © Mitsubishi Chemical Agri Dream Co. , Ltd.